マンションを考えるヒント

現役設計者がマンション購入を検討中の皆様におくる情報ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーゼネコンって良いの?2

前回は「スーパーゼネコンは良い。しかし高コスト体質」という内容を書きました。
予想通りといえば予想通りですよね。


皆さん気にされている「施工管理能力」、これはどうでしょうか。
やはりスーパーゼネコンが一番なのでしょうか。

巷では「スーパーゼネコンだから安心」と言われたりもしているようですが、実際には現場によって様々というのが現状です。
確かにスーパーゼネコンには管理能力の高い人が沢山いますが、だからといってどのマンションの施工管理もスーパーゼネコンが一番良いと一概には言えません。

前述したようにスーパーゼネコンは高コスト体質です。
工事予算40~50億超の大規模物件ならスーパーゼネコン側も充実した体制で望みますが、10億程度の現場では(スーパーゼネコン自身もそのような仕事をあまり取らないようにしていますが)実管理は下請け任せ、十分に自らの管理能力を発揮しているとは言えない現場も多々ある上、ゼネコン側の人的クオリティーもベストとは言えない場合も多々あります。(若手が掛け持ちとまでは言いませんが)
ここも予算規模による適正が出てくる部分になりますね。

また、内覧会などで見るところが専有部分のになる方が多いので、いわゆる「ゼネコンの管理能力」=「内装の仕上り具合」という印象を持たれていることもあるかと思いますが、仕上というのは管理項目の一部にすぎません。
こう言ってはなんですが、仕上品質はゼネコンの名前よりも「工期や時間」に左右される場合が多く、かつ「直せば済む問題」であることも多い箇所です。「仕上がだめだから全部だめだろう」と考える必要はありません。もちろん良いに越したことはないのですけどね。


最後にこれは余談ですが、スーパーゼネコン各社の中にもいろいろなグレード、いや、能力、ランクのチームがあります。
中でも上位の精鋭S級、A級のチームは、、、、実は殆どマンションを造っていません。(マンションチームに配されていません)
マンションにこなれたチームがマンションをつくっていることはメリットがありますし、私自身はノウハウを蓄積した専門チームが仕事に当たることは芳しいことだと思っていますが、それが社内トップの精鋭チームというわけではない。それがスーパーゼネコンにとってのマンションなのです。
話題のあの建物やあのタワー、あの橋を造ったという能力や実績をイメージに変えて、そのままマンション建設に当てはめ「スゴイものができるに違いない!」ということになるかというと、なかなかそうとも言い切れないのが実情です。



はじめに私は「スーパーゼネコンは良い」と書きました。
でもこうしてみると、あまり良いこと書いていないかもしれません(笑)

要は適正です。ゼネコンにも得意・不得意があります。
全て「スーパーゼネコンだから安心」「スーパーゼネコンであれば良い(そうでなければ良くない)」というわけではないことだけ、しっかり頭に入れてください。
良いとはいえども、中には不得意でデメリットが出がちな物件もあるということです。
私感ではありますが、消費者としてスーパーゼネコンに頼んだ方が良いと思える物件は、世の中のマンションの半分もありません。
ただし売主として考えるならば、それよりもう少しだけ増えます(それでも半分もないですが)。

マンションを買われるみなさんも、それらの適正をみて判断してください。
何に対する適正かというと、勿論、あなたが欲しいマンションに対しての、あなたにとっての、適正です。


にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ にほんブログ村 住まいブログへ
 マンションを考えるヒントをたくさんの人に!
       にほんブログ村 クリック
 
スポンサーサイト
  1. 2014/03/25(火) 22:20:13|
  2.  デベロッパー・ゼネコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mansionnavigate.blog.fc2.com/tb.php/9-bd316423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。